肌の赤みは治療で改善

治療法と重要な留意点

女の人

赤ら顔にお悩みの女性はたくさんいらっしゃいますが、その原因は一つではありません。
ニキビや皮膚の炎症が原因となるもの、また毛細血管の拡張によって赤く見える場合もあります。
これらが原因となって発現する赤ら顔は、美容クリニックの治療で改善させることができます。
ニキビや炎症が原因で赤ら顔となっている方は、ケミカルピーリングがおすすめです。
ケミカルピーリングは、肌表面の角質を除去し、強制的に肌のターンオーバーを正常化させる治療です。
肌に酸性の薬剤を塗布し、ターンオーバーを阻害している余分な角質だけを溶かして正常な肌へと導きます。
ケミカルピーリングを受けた後は肌が敏感な状態になっているため、術後のセルフケアも重要になります。
施術直後はなるべく直射日光を避け、低刺激の日焼け止めも使用しましょう。
化粧水などもふんだんに使用し、保湿も忘れずに行う必要があります。
施術自体の安全性は確立されているので、セルフケアをしっかり行えばきれいに改善させることが可能です。
毛細血管の拡張が原因で赤ら顔になっている場合は、Vビームと呼ばれる機器を使用して改善していきます。
光照射機器が発する特殊な光線を患部に当てることで、赤ら顔の原因となっている余分な毛細血管を取り除くことが可能です。
Vビームによる治療は、症状の度合いによって定期的に複数回受ける必要があるため、しっかりと通院することが大切です。
医師に判断してもらい、必要な回数を必ず受けるようにしましょう。

原因は毛細血管が開くこと

婦人

アトピー性皮膚炎や肌荒れでもないのに、顔が真っ赤になることを赤ら顔と言います。
子供の頃に自分だけすぐに赤面してしまうことをからかわれて、辛い経験をした人もいるのではないでしょうか。
気温の変化で毛細血管が開きやすい体質の人やアルコールですぐに赤面してしまう人は、自身の赤ら顔に悩んでいるケースが多く見られます。
赤ら顔は軽い段階なら肌への摩擦を少なくしたり、お酒やカフェインを遠ざけたりするなどの生活習慣の改善でどうにかなることが多いです。
しかし、深刻な赤ら顔は生活習慣の改善だけでは追いつかず、クリニックで専門的な治療を受けなくてはいけません。
主な治療法には、レーザーとIPL、それから硬化療法です。
このうち、レーザー治療のみが保険が適用される可能性があります。
レーザーで赤ら顔を治す場合、血管拡張症の治療に使われるのがダイレーザーです。
ヘモグロビンがレーザーの光を吸収することで、血管の内壁が熱によってダメージを受け、毛細血管が収縮していきます。
フォトフェイシャル用の光としても知られるIPLも、毛細血管拡張症に有効です。
コラーゲンの生成量を増やしたり、シミの原因のメラニンも破壊したりするので、美容効果も得られるというメリットもあります。
硬化療法は、血管に薬剤を注入し、包帯で固定する治療法です。
レーザー治療が効きにくい太めの血管のせいで起こっている赤ら顔に効果を発揮します。
いずれも回数を重ねることで、治療効果を実感できる方法ばかりなので、焦らずに取り組む姿勢が大切です。

効果を実感できます

ウーマン

赤ら顔でコンプレックスを持っている方は実はたくさんいます。
一言に赤ら顔と言っても症状は様々で、人前に出て緊張することで真っ赤になってしまう、ニキビなどの影響で肌全体が赤くなってしまった、少し日光に当たっただけで真っ赤になるなどいろいろなケースがあります。
遺伝などにより科の皮膚が薄く、血管が浮き出てしまいやすいことや血管が拡張しやすく血液量が増加してしまうことが主な原因です。
メイクだけではなかなか隠すことが難しいのですが、美容クリニックなどで赤ら顔治療を受けることが出来ます。
いろいろな対策をしてもなかなか治らなかった方でも、美容クリニックの治療で効果を実感できる可能性があります。
治療方法としてまず挙げられるのが、レーザー治療です。
レーザー照射により余分な血管を収縮させて赤ら顔を改善します。
治療中や治療後の痛みはなく、腫れなども出ないため手軽に受けられます。
5回程度繰り返しレーザー照射を受けることで、赤みを抑えていきます。
またこの治療方法は、気になるたるみやしわを同時に取ってくれる嬉しい効果が期待できるのもメリットです。
また、大人ニキビやニキビ跡などで赤みが気になるという場合には、イオン導入という治療方法も効果的です。
お肌に微弱な電流を流しながら有効成分を浸透させていく治療方法です。
毛穴の開きなどを取ってくれるので、赤ら顔を改善すると同時に滑らかなお肌が手に入ります。
赤ら顔の原因は様々ですので、まずはしっかり診断してもらうことが大切です。
そのうえで適切な治療方法を選択しましょう。